2010年 03月 12日

迷沢山の稜線から見る手稲山の南壁

西野地区から手稲山方向を見るとほぼ正面左側の送電線が稜線まで延びている山が見える。
山頂部は見えませんがそれが迷沢山(1005m)です。山頂部の反対側は定山渓ダムになる。
登り4時間で旧送電線の最上部の尾根910に出た。ここからの手稲南壁は迫力満点。
さらに迷沢山山頂まで1時間30分ほど。北西風が耳元でヒュウヒュウ鳴ってきたのでここで引き返すことにした。
久し振りに登山らしい登山の日であった。
d0021578_1959092.jpg

[PR]

by youko_hironaka | 2010-03-12 20:00


<< お知らせ      二羽でじゃれあっている シマエ... >>